台湾の風俗事情

日本にとって馴染み深く美人が多いイメージがある台湾。

そんな台湾における風俗店情報について紹介します。
台湾というのは基本的には売春が禁止されている国ですが、日本と同様に風俗店はたくさん存在しています。
そのジャンルもプロの風俗嬢と遊べるお店から、素人の美女と遊べるお店などさまざま。
日本でも馴染みのあるマッサージやサウナ系のお店からデリヘルやキャバクラ、ホテヘルまでもが揃っています。
日本人観光客の多い国であり、一部には日本語が通じるお店もあるので
日本人にとってとても遊びやすい国と言えるでしょう。

台湾の夜景

台湾キャバクラとは

台湾における風俗店の代表格といえるのは台湾キャバクラ!
こちらはお持ち帰りをすることを前提としたキャバクラとなっています。
基本的には日本人のためのお店となっており、日本語がある程度通じるのが特徴となっています。
在籍している女性はとてもハイレベルで、台湾で風俗遊びをしたいならば最初の候補となるでしょう。
好みの女の子を用意してもらい、お持ち帰りをする場合はそこで代金を支払い
ホテルでサービスを受けることになります。

イチャイチャする男女

その他のお店

台湾では独自のサウナ式風俗というものがあるのですが
こちらでは普通のスパとして温泉やサウナを満喫したあとに性的サービスを楽しめます。
店の奥の方にベッドが用意された個室があり
そこで一通りのマッサージを受けてから性的サービスでフィニッシュ。
日本の性感マッサージと似ていますね。

日本にもポン引きがいるのですが、当然台湾にもこのタイプの女性はたくさんいます。
話しかけられそこで条件について説明されるため
それに満足できるならばそのままホテルや店舗へ向かうことができます。
台湾にもピンサロがあるのですが、こちらは日本よりも過激な場所となっています。
数十人の女の子が個室に並んでおり、その中から好みの子を選んでテーブルに連れて行きます。
そこで雑談をしてから、まるでストリップのように目の前で踊ってくれます。
その後抜きのサービスを提供してくれるため
日本のピンサロで行われる淡白なサービスより楽しめそうですよね?
基本的に日本よりも物価が安い国のため、日本よりももっと気軽に風俗で遊ぶことができるのが台湾の特徴となっています。
海外の風俗を体験してみたいならば、ぜひとも台湾を訪れてみると良いでしょう。

最新記事