バレやすさをデリヘルと比較

バレる恐怖

風俗で働いていることを彼氏や知り合い、家族に知られたくない。
それは、ほとんどの風俗嬢が抱えている悩みです。
風俗には様々な業種がありますが、バレやすい業種、バレにくい業種というのは存在するのでしょうか?
例えば「ピンサロ」と「デリヘル」、どちらも様々なバレ対策を行ってくれるお店が多いですが
ピンサロの方が若干バレるリスクが高いといえます。
その理由をお話しします

隠れる女性

ピンサロの落とし穴

ピンサロの方がばれるリスクが高い原因・・・それは「店舗型のお店であること」です。
店舗型のお店なので知り合いや彼氏がそのお店に偶然来てしまったら
写真のパネルを見られて一発でバレてしまいます。
店舗の受付には監視カメラがあり知り合いが来た時は接客NGを出すこともできますが
パネル写真があるので意味がありません。
もちろん、給与明細の偽造などのアリバイ対策は入念に行ってくれるお店がほとんどですが
店舗型の風俗店という性質上バレるリスクは高くなります。

落ち込む女性

ピンサロの落とし穴

対してデリヘルは、店舗型の風俗店ではないのでそのように一発でバレるという危険性は少ないです。
ネットで女性のパネル写真を見ることはできますが
顔が加工されておりその上にモザイクがかかっているものがほとんどなので
ネットの写真からバレる危険性は低いでしょう。
また、接客NGの客の電話番号をあらかじめ登録しておくことができるので
あらかじめ彼氏や知り合いの番号を登録しておけばたとえ電話がかかってきたとしても安心です。
また、デリヘルでは派遣NGの地域を指定することもできます。
自分の会社がある地域や知り合いが多く住んでいる場所をあらかじめ指定しておけば
電話番号をNG登録していない知り合いにデリバリーされてしまうというリスクも減るでしょう。
中には運悪くバレてしまう場合もありますが
これらの対策をかいくぐって知り合いに当たってしまう可能性は相当低いです。
このように店舗型という性質上、デリヘルよりもピンサロの方がバレる可能性が若干高くなります。
ピンサロでの勤務を選ぶ場合は、自宅からなるべく離れた知り合いの全くいなさそうな場所を選ぶのがいいでしょう。

最新記事